読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのうはい広島リーグ最下位~関西①ベスト8構築

ブログはじめました(放置してたのを使い始めました。

今回のしんのうはいで使った構築。

f:id:sya1844:20160311113045p:plainf:id:sya1844:20160311113111p:plainf:id:sya1844:20160311113135p:plain

f:id:sya1844:20160311113126p:plainf:id:sya1844:20160311113059p:plainf:id:sya1844:20160311113024p:plain

貫禄のガルガブアロー。

最近の結論テンプレと噂のガルガブゲンボルトスイクンバシャを自分好みに改造・・・した結果広島リーグ最下位。

反省を活かした結果関西ではベスト8からのプレミで敗退だったのでとても悔しい

いまだにうなされてるけど楽しいポケモンでした。

 

以下個別

 

ガルーラ@ナイト
いじっぱり きもったま
197-158-101-*-103-126
ひみつのちから グロウパンチ
ふいうち じしん
解説

構築の始まりにして頂点。広島ではクレセやスイクン対策として身代りを入れていたが全然出番がなかったうえにギルガルドに分からされたので地震に変更。関西ではこれがよかったので負けたかいがあった。

やることはグロウ積んで殴るだけのお仕事。ひみつのちからは火力どうかなと思ったけど全然困らなかった。ガルーラえらい。

ほぼ全ての対戦で選出。出番も1,2,3番手どこからでも腐ることなく活躍してた。

相手を見てちょっと出せないなーと思っても出して見れば勝ってることが多い。むしろ出さなかったら負けた。

強気にガルットモンスターしよう。私ガルーラ好きなんでね。

ガブリアス@たすき
ようき さめはだ

183-182-116-*-105-169

じしん げきりん
がんせきふうじ つるぎのまい
解説

みんな大好きガブリアス

襷頼みで大体初手に出して相手のガブリアスhello worldするのが日常。または舞うボーマンダの空気を感じたら襷頼みで後ろから迎え撃つ仕事

やることはシンプルに相手が自分より早かったら岩石。遅かったら舞って攻撃で強い。初手でバシャと対面することも多いので守る読みで強きに舞うとそのまま勝てるのでおすすめ。ボルトと合わせるとステロが欲しくなる場面もあったけどこれでよい。

対策されつくしてるようでも強いもんは強い。

マンムーは勘弁な。

ファイアロー@こだわりハチマキ
いじっぱり はやてのつばさ

163-146-92-*-90-168

ブレイブバード フレアドライブ
とんぼがえり ねごと
解説

古の時代より使い続けているハチマキファイアロー。ガルガブで削ってこいつで締めるのが理想的。構築的に舞ったマンダとかを止められるのが襷ガブかこいつしかいないため最大火力にしておくのは重要。

化石扱いなのか最近ははちまきブレバ耐えの皆さんが滅びているのも追い風になっており昔より使いやすかった。じゃあのゲンガー。

ガルーラのふいうちがだるいので素早さはガルーラ抜きまで。

ボルトロス@じゃくてんほけん
ひかえめ ちくでん
185-*-90-209-101-127
10万ボルト きあいだま
めざめるパワー氷 こうそくいどう
解説

対ガルガブゲンスイクンボルト枠。

ガブ、ボルト、スイクンと対面。高速移動します。岩か氷がきます。耐えます。グーンとパワーアップします。勝ちます。ボルトちん強い子。

が理想だったけど襷持ちに止められる悲しい定め。とはいえ元々のスペックが高いので腐ることはなくタイプ的な選出のしやすさもあって基本はガルガブアローボルトの4体から3体選ぶことが多かった。

オボン悪だくみで汎用的に使える型とも迷ったけどこちらのほうが楽しそうなので保険型に。レートではまぁまぁ気持ちよくなれたんだけどなー

マリルリ@オボンのみ
いじっぱり ちからもち
206-112-101-*-100-71
アクアジェット じゃれつく
はたきおとす はらだいこ
解説

水フェアリー枠。あまりスイクンを信用してないのでこいつにしたけど他にいいのがいそう。次があったならニンフィアにしていたかもしれない悲しい枠。一時期はパルシェンだったこともある。

腹叩けそうなときは積極的に出していたけど意外と腹アクジェは耐えらえることが多いので残念な結果に終わることが多かった。ガブで叩いて後ろのボルトロスに耐えられることが凄く多かった。最近のおっさん耐久鍛えすぎ。

使い方次第では活躍させられたはずなので悔やまれるところ。

ゲンガー@いのちのたま
おくびょう ふゆう
135-*-81-182-95-178
シャドーボール ほろびのうた
こごえるかぜ みちづれ
解説

出した試合は全て負けるという悲劇の負け試合請負人。相手を導くどころか自分が黄泉の階段を昇っていくという悲しさ。

広島ではメガゲンガーガルーラが出せない時に出す+受けループ対策的なつもりだったけどゲンガー使うのが下手だということがとてもよく分かる感じに。次があったらギルガルドになっていたかもしれない。

関西ではガルーラと同時に出せるように球ゲンガー(襷がないため)にしたけれど結局あまりいいところがなく広島でも関西でも後半からは選出段階から完全に外されていたという悲しみを一身に背負った存在。ゆうて相手には警戒されていたから微妙に仕事はしていた。

下2匹に関しては存在理由が割とちぐはぐだったのは完全に駄目だったなーと思います。